トモはてブログ

熊本県在住の心理学系雑記ブロガー‼︎

【これがポイント‼︎】コミュニケーションで気をつけるたった1つのこと‼︎



トモはてブログに訪問して頂きありがとうございます。
ブログ管理人のトモタ(@TTS121010)です。
ブログをご覧の皆さんも1日過ごす中で必ず誰かとコミュニケーションをとられている事と思います。
ただ、コミュニケーションと簡単に言っても、しっかり取れているのかという判断は中々難しいものです。
そこで、今回は対人コミュニケーションにおいて、気をつけて頂きたいたった1つのことを私の体験談を通してご紹介させて頂きたいと思いますので、よければ最後までお付き合い頂けるとありがたいです。


<目次>

イジメにあってた小学校低学年期

初めに私の小・中・高校時代の体験談についての話をさせて頂きたいと思います。

まず、小学校1・2年の時の話になりますが、私はクラスメイトからのイジメにあっていました。
まぁ、イジメと言っても「仲間外れにされる」が主な内容でしたが…
この歳になった今でも忘れられないのが、前日の夕方に学校の校庭で鬼ごっこをしていて、また次の日の朝から続きをするということになりました。
夕方一緒になって遊んでいたので、私も朝から一緒に遊べると思っていたんですが、実際当日の朝…仲間に入れてもらおうとしたところ、リーダー格のクラスメイトに「(仲間に)入れないよ。」と言われ、泣きながら教室に帰っていった事は鮮明に覚えています。

ただ、3年生になった時に、このリーダー格のクラスメイトととても仲良くなった事は今でも不思議に思う事です。(理由は本人に聞くにも聞けず…)
しかし、この時のイジメによる心の傷は根深く残っていて、その後のコミュニケーションに支障が出てくる事になったのは言うまでもありません。

中学校時代の過ち

小学3年生以降は特にイジメられる事も無く(だったと思いますが…)過ごし、そして中学生になった時に凄く仲良くなった友達のクラスメイトがいました。
その友達とは、一緒に部活をサボったりしてよく遊んだりしていたのですが、(その事で別の影響が…(笑))中学3年生のある日のこと…
その友達とクラスは変わっていたんですが、相変わらず遊び呆けていました。

その日も遊ぶ約束を先にしていたのですが、何をするか話をしている時にその友達と同じクラスのクラスメイトが、「今日は俺たちと遊ぼうよ」と誘ってきたのです。
その友達は「今日は約束が〜」と言ってくれたにもかかわらず私は、

「あっ、遊んでいいよ。(友達を)好きに使ってくれていいからさ〜。」

と今考えればまるで物を扱う様に言い放ってしまったのです。
当然友達は激怒してしまい、謝りはしたものの後で誘ってきた友達と遊びに行ってしまいました。
その後、この友達と全く遊ばなくなったわけではありませんが、遊ぶ頻度は極端に下がったのは言うまでもありません…
当然と言えば当然の結果ですが、本当に取り返しのつかない事をしてしまいました。


高校時代の過ち

それから、第1志望の高校に落ちて滑り止めで受かっていた私立高校に進学したのですが、ここでは同じ中学校からの出身者が私を含めて2人しかいなかったのと、その子と学科が違ったので知り合いがいないに等しい状況からのスタートでした。
私は工業系の学科だったのですが、少し変わったカリキュラムでして…入学後の半年間で科目の触りを学び、自分が行きたい専門を選んでクラスを再編すると言うものだったと記憶しています。

そうです。つまり、最初の半年で友達を作っても、半年後にはまたクラスがバラバラになるんですね。
これにより友達作りに最初の1年はかなり苦労した事を覚えています。
そして、クラス再編後は卒業まで同じクラスだったんですが、だいぶクラスメイトと馴染んでいた高校3年生の卒業前にまたやらかしてしまう事に…

それはちょっと、中学生の時にヤンチャしていたクラスメイト(本人談ですけど…)だったんですが、そのクラスメイトが椅子を傾けて座っていたので、ちょっと悪ふざけをしようと思いつき、(ここが余計でした(苦笑))椅子の浮いている足を持って思いっきり掴んで床に落としたんですね…
その結果、そのクラスメイトはマジギレ…(当然ですよね…)
そして、殴られたりはしませんでしたが、謝っても許してもらえるわけも無く…ワダカマリはとけないまま、卒業を迎えてしまいました。
そのクラスメイトとはそれっきり会ってないのは言うまでもありませんね。

コミュニケーションで気をつけるたった1つのこととは…

ここまで、私の体験談を書かせて頂きましたが、ここまで読まれて(主に中学・高校かなぁ…)もうお気付きの方もいらっしゃるのではないかと思います。
私の失敗したコミュニケーションは、全て「自分本位のコミュニケーション」を取ってしまったこと…
その私の発言行動をする事で

相手がどういう気持ちになるのか⁉︎

と言うのを全く考えていない自己中心的なものでした。
これでは、相手が気分を害するのは当たり前の事です。
つまり、コミュニケーションで気をつけるたった1つのことというのは、

相手の気持ちを考えること‼︎

もしかしたら、当たり前と思われる方や実践されている方もいらっしゃるかとは思いますが、私は自身の体験を通してこの答えにたどり着きました。
この体験が無ければ…今でも自分本位のコミュニケーションを取っていたかもしれません…(苦笑)
おかげで大学時代以降は特に大きな問題(小さな事はあったかも…(笑))もなく過ごすことができ、今に至っています。

皆さんもこの機会にご自身のコミュニケーションの取り方について考えられてみてはいかがでしょうか⁉︎

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。